『属性コンバータ考察その1・・・の巻』
2006年07月13日 (木) | 編集 |

属性コンバータの考察をシリーズで実施する。
第1回めの考察は「生産性」から。


1.時給比較

  属性コンバータの材料である「硬い角」と「黒猫人形」を
  生産性の面で比較検証してみる。

  まず、黒猫であるが殴りプリの生産性はスティ無しで
  時間10個程度が良い方である。
  硬い角は時間120個程度がAGI騎士での実績。

  黒猫10×3万z=30万z/時給
  地コンバータ40×2.5万z=100万z/時給


  地コンバータ作成には空スクロール126400zの
  材料費(3160z×40個)が掛かっている。

  空きびんは自給自足であることから聖水代金は
  割愛した。

  時給で約57万zの差が出ることになる。

  黒猫が安くなったといえばそいれまでであるが・・・。


2.適した職業

  硬い角を拾うには廃プリでやる必要性は全くない♪
  AGI騎士で2HQを駆使してホルン狩りしているが
  一番適した職業はローグであろう。
  自動的にスティしながらダメージなく狩り続けられるはず。

  200個/時間は行けるのではないか?

  空スクロールの購入においても商人のDC10(▲24%)
  を上回るコンパルションディスカウント(▲25%)という
  スキルを持つローグが有利である。
  
  小金稼ぎはローグ・・・格言である!


3.MOBの事情

  ホルンはノビのレベル上げに良く使用される御用達MOBで
  MAPもプロ←↑と近場であり生産量が豊富と予想される。

  レベル上げのためアイテム放置もあり、NPC売り価格も
  58z(OC10でも71z)と低価格であり”買取”も可能。

  カタシムリの皮MAPはプロ←←←←と遠い;;;;

  買取商人とローグの2PCで行えばかなり集まると思う。




売れ筋解説まだ~!!・・・ところで順位は?

*トップページに戻る*
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック