『鈍器祭りで戦国武将に学ぶ♪・・・の巻』
2007年08月19日 (日) | 編集 |

0818鈍器隊

今宵は82~99の高レベル鈍器隊でゲフェニアへ♪
ココは鈍器隊が力負けする数少ない狩場の一つ。
※その他、オデン神殿、亀神殿、棚上階・・・かなw


0818ぶらっでぃないと

ラヘル以降、PTが同じ場所に送られるようになり
随分と集合が楽になりましたねぇ(´ー`)y-~~

着いた早々に血騎士のお出迎え・・・ゲフェニアは熱い♪

Wikipediaなんかで『武田八陣形』と言う戦国時代の
野戦の兵法が掲載されています♪


鶴翼(かくよく)
    両翼を張り出しV字の形を取る陣形。
  中心に大将を配置し、両翼の間に敵が入ってくる
  と同時に両翼を閉じることによって包囲・殲滅する。
  
みごとに決まってますねぇ・・・攻撃陣の周りをプリが
囲んで支援しています。これなら負けませんね!

スクリーン

次はサムネイルで敵の陣形を見てみましょう(´ー`)y-~~
ゲフェニア2に移動し長い橋を渡りきったところです。

ヴァイオリーの布陣が絶妙ですねぇ~v( ̄∇ ̄)v
鶴翼の陣形にキッチリなってますし鈍器隊は
深淵の騎士が視界に入った段階で術中にはまっています。


0818げふぇにあ

深淵の騎士が3騎となりフェイクエンジェルやミニデモも
混ざり鈍器隊がバラバラにされている状態がよく分かります。

こんな時はどうしたら良いんでしょう・・・?


魚鱗(ぎょりん)
    中心が前方に張り出し両翼が後退した陣形。
 『△』の形に兵を配する。底辺の中心に大将を配置して、
  そちらを後ろ側として敵に対する。日本の戦国時代で
  よく使われた陣形。
    多くの兵が散らずに局部の戦闘に参加し、
  また一陣が壊滅しても次陣がすぐに繰り出せるため
  消耗戦に強い。

車掛(くるまがかり)
    先に出撃した部隊が後退し、替わりに新手が出撃する
  という、次々に部隊ごとに攻めては退く陣形。

昔の野戦では、こんな戦い方をしたようです。
どちらにしても『散らばらず』『端から』喰っていく
戦い方になるんでしょうね(´ー`)y-~~


 ・・・・・

さてさて2次会はクールダウンを兼ねて(?)時計4へ
ココではスムーズに狩り進んでいたのですが『事故』がw


0818爆裂セシル

鈍器祭りでは各人色々なネタを持ち込んで賑やかします。
今回はたぶん「商人セット」に含まれるハイロゾCで
爆裂セシル嬢を呼びまして・・・♪


アッと言う間だったのでその瞬間のSSが無いんですが
見事な「魚鱗の陣形」だったように記憶しています♪

被害者A:「ちょwwwwwwwwwwwwwwwww」
被害者B:「枝っすかねぇ?」
被害者C:「ウチのポリモーフかもw」

   ・
   ・ 
   ・

全滅しても放置しないところが鈍器隊の良心。

隊員A: 討伐いく?
隊員B : やるしかないっしょ
隊員C : 流石に放置はまずい
隊員D : OK
隊員B : グリムしてますね…
隊員A : HIWIZもってきま

こうしてセシル嬢討伐隊が組織され無事任務を完了♪

最近の鈍器祭りの中でも飛びぬけて面白い今回の狩り。
高段者が5~6回転んだのだが泣き言いうやつは皆無w

今宵の鈍器祭りは久々にアドレナリンが噴出す狩りと
なりました。とっても楽しかったです~v( ̄∇ ̄)v




うほ~っ楽しそうだなw(´ー`)y-~~・・・ところで順位は?


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可